ワンちゃんのしつけとお世話の情報局

このサイトは、ワンちゃんのお世話に関する情報局となっています。 犬のしつけや食べ物、またトイレの教育、犬特有の病気などの情報を掲載いたします。

愛犬はお世話としつけで大きく変わります

犬の散歩は基本中の基本。散歩させないとどうなる?



犬の世話と散歩は切っても切り離すことができません。

犬を飼っている場合は、必ず散歩をさせてあげてください。

では、散歩に行かないとどうなってしまうのでしょうか?

散歩をしないと肥満になる可能性が高くなります。

小型犬であれば室内だけでも十分な運動ができるかもしれませんが、中型犬や大型犬になると室内だけの運動では足りません。

散歩が出来ず常に運動不足になってしまうと、カロリー消費が抑えられますので肥満の危険性が増してしまいます。

肥満になると病気の発症率や怪我のリスクも高まるので注意しないといけません。

肥満を予防するためにも毎日散歩をして、健康的な体を維持させてください。

また、ストレスが溜まってしまって、攻撃的になる可能性も考えられます。

ずっと狭いところでいるとストレスが溜まり、噛み付いたり、吠えるようになります。

こういったことを防ぐためにも散歩をして、ストレスを発散させる必要があるのです。

体の健康はもちろん、心の健康を維持するためにも犬にとって散歩は重要なことだと思ってください。
 

餌の与え方に注意!太らせ過ぎの弊害とは?

犬を可愛がるのはいいことですが、だからといってエサをたくさん与えるのはやめましょう。

必要以上にエサを与えると脂肪が蓄積されて肥満になる可能性があります。

太らせ過ぎると以下のような悪影響を及ぼします。

・関節や筋肉への負荷が大きくなる
・心臓や呼吸器への負担が大きくなる
・病気にかかりやすくなる
・麻酔が効きづらくなる

体重が増えてしまうと関節や筋肉への負荷が大きくなり、捻挫や椎間板ヘルニア、関節炎などを引き起こす可能性があります。

たった1kg増えるだけでも犬にとっては大きな負荷になるので注意してください。

太り過ぎると心臓や呼吸器への負担が大きくなるため、健康的な生活を送ることができません。

病気にかかりやすくなるので、寿命も短くなります。

特に注意したいのが糖尿病です。

人間と同じように太り過ぎると糖尿病になるリスクが高まります。

そして、太ってしまうと麻酔薬が脂肪細胞に吸収されるので、麻酔が効きづらくなるのです。

万が一、緊急手術などになった場合、麻酔が効かないと大変なことになってします。